育ち Education
子育ての駅サポーター(ボランティア)による絵本の読み聞かせ(てくてく)

世代を超えた交流
新たな教育へのチャレンジ

日本初!長岡発!の「子育ての駅」

市内には全地域に13カ所の子育ての駅があります。
「駅」には大勢の人が集まるところという意味があります。子育て世代はもちろん、祖父母や将来は親となる若者が集まり、世代を超えた交流や子育て支援の輪が広がっています。子育ての相談や情報提供は、常駐している保育士や専門員の子育てコンシェルジュがいつでも対応します。
母親へのサポートも充実しています。産後デイケアる~む「ままリラ」は、産後6カ月くらいまでの母親を対象に、助産師などの専門職が体調や育児の相談に個別に応じます。

豊かな体験と確かな学び
熱中!感動!夢づくり教育

未来を担う子どもたちに、夢を描き志を立てる力と生き抜く自信を育む施策が、熱中!感動!夢づくり教育です。
社会性やコミュニケーション能力、ふるさと長岡への愛着や誇りを土台に、社会に貢献できる資質や能力を身に付けることができるよう、多種多様な事業を展開しています。
さまざまな熱中・感動体験を通して、子どもたちのやる気や学ぶ意欲を育んでいます。

【写真】
講師と気軽に交流できる「まちなかカフェ」

現代の米百俵・未来へ向けた〝ひとづくり〟まちなかキャンパス長岡

市内の3大学1高専と連携し、従来の生涯学習の枠を超えた多彩な講座を開催しています。
コーヒーを飲みながらリラックスして受講できる単発講座「まちなかカフェ」、専門性を持たせた連続講座「まちなか大学」、学びを徹底追究する「まちなか大学院」を展開。市民や企業が企画する講座、市民が地域課題に取り組む「まちづくり市民研究所」も開設しています。
講座を通して市民の交流も創出。まちなかの学びと交流の拠点です。

【写真】
ハワイ大学との
共同ワークショップ
【写真】
市民に開放しているキャンパス

地域と共にデザインを学び世界を目指す長岡造形大学

長岡造形大学は、デザインを専門に学ぶ公立大学です。
多様性のあるカリキュラムや地域と協働した実践的な学びにより、デザインの本質を捉え、社会のさまざまな分野で活躍できる人材を育てます。
客員教授として「越後長岡応援団」の映画作家・大林宣彦さんや建築家・隈研吾さんを迎えるなど、実務経験豊富なエキスパートを講師陣に登用しています。
また、附属する「地域協創センター」では、市民、企業、教育機関との連携を強化して魅力あるまちづくりのための取り組みを展開。米国ハワイ大学などの海外提携大学との学術・学生交流を活性化しています。